100k走った HOKA ONE ONE CLIFTON のソール(にShoe GOOした)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HOKA ONE ONE には SHOE GOOが必須なんじゃないかと思う(笑


昨年末、オデッセイが気に入ったので追加入手したHOKA ONE ONE CLIFTON。
4じゃなくて3です。

Hoka one one Odyssey2

4が出た後に&年末セールで入手。

サイズは27cm。

ちなみにワタシの足はコレ

クリフトン4を試着しても、違いが良く判らなかった。

26.5cmでもいけましたね。けど、厚手のソックスで長めの距離で使おうかと思い、27cmにしました。
が、、、インソール替えたりしながら、これだけクッションあるんだから薄手のソックスで良かったじゃんとか、、、、26.5cmで良かったなと思うのは内緒。

同じお店(他でも)で、  ヴァンキッシュ Hoka One One Vanquish ってのが安くなっていて、見た目も履いた時のシッカリ感も本当はこちらが良かったのだが、アッパーのシワになるところがちょっとイタイので断念。

で、このクリフトン3を履いて、100kほど経過したところで気になっていたソールの減りをチェック。
まぁ、たかだか100kでしかもアスファルトだけなので、要経過観察ですがメモとして。

爪先のソール(写真は内側と外側が混ざってる。。。)で、
上が新品で下が今ですが、要するに爪先側はほぼ減りは無しと。


土踏まずのミッドソールむき出し箇所も、まぁこんなもん。

ただ、踵。
こちらは一部僅かにミッドソール付近まで削れてきていたので、保護の意味でシューグーしました。


厚底だから走り難そうな外見ですが、履いた時の傾斜感はフラットな感じで、実際ドロップも4mmほど?
けど踏み出すと、ニューバランスの1300っぽい感じ?でコロンと足裏が回転する感じ。

重さも230~240gくらい?

数字以上に、軽く感じます。

個人的にはもう少し硬質ラバーの厚みがあっても良いのかなぁと思いますが、だったら他のシリーズを選びなさいってことなのでしょうか。

年末購入で今100k

はい。ほとんど履いてません。

普段からコレ履いてるとかなり甘えた足になりそうなので、たまにしか履かないのですが、それ以外にも理由がある。と言うのも、膝痛でそれどころではなく、年明けから少しやっと履けるようになったから。

またも腸脛靱帯炎(+α)

当初、膝痛の時にこそクリフトンじゃねぇか?
と思い、リハビリラン中に履いたのですが、ランニング中に他の靴よりも明らかに“膝痛”が始まるのが早かった。
弱った膝がクリフトンの柔らかさを支えきれていない感じで、結果膝に負荷が掛かっていたのか??。柔らかさというか不安定感が目立つ感じ。

ちなみに、オデッセイはもう少しシッカリ感があるし、導入した時にはまぁまぁ足が出来ていたので、購入直後から違和感無くは履けたっぽい。

というわけで、膝痛が治るまでこの靴 クリフトンはお休みしてました。で年明けから徐々に使い始めたと。

安定感と柔らかさを両立させた?とは言え、自分的にはかなり不安定感を感じる靴で、
走り方によっては、その不安定感で良くも悪くも影響がありそうな気がする。
(支えるための筋力が鍛えられるとか、ぐらつきを支えられずに悪影響が出るとか。。。)
この靴のソールなりに走る。

では、膝痛から完全回復した今は?

もう、この感じは癖になります。この靴の走り方にも慣れてくると、まぁラクです。
きっと甘えた足になる。ので、たまにしか履きません。
ソレくらいイイ。

故障中の脚にはまぁまぁミスマッチな靴だったのに、故障から回復すると一番走れる靴になっている(笑

で、改めて思うのは、HOKA ONE ONE には SHOE GOOが必須。

ちなみに、オデッセイにもシューグーしてます(笑

 

 

クリフトン3も、まだありますねぇ。

 

 

クリフトン4も。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   

コメントを残す

*

CAPTCHA