Burton Restricted Parkitect

SNOW

Burton Restricted Parkitect
DSCN0066.jpg
今シーズンから使っているボード。
今シーズンは、相変わらずX8FVConArtistの2枚体制で突入したのですが、、、
去年、一昨年同様にキャンバーのボードがどーーーーーしても必要になった。
去年、一昨年もそのシーズンにキャンバーのボードを入手してはいたのだが、両方ともどうもしっくり来なくて、手放した訳で。。。いつか買い足そうと思っていた。
第一候補は、Family Tree Juice Wagon。
というか、脳内ではほぼ決まっていたが、、、いまひとつ購入に踏み切れず。
理由は、、、、何だろう。特に無い(笑
いや、第二候補が強烈に魅力的だったから。ですね。
何が強烈に魅力か?
シートがマットブラックだから・・・
氷取るの面倒ですが、、、マットブラックだから・・・
詳しい能書きは他に譲るとして。
オフアクシス スクイーズボックス(Off-Axis Squeezebox)
オフアクシス フロストバイトエッジ(Off-Axis Frost Bit)
コレが一番の特長らしい。
乗った感じは、、、楽しい。。。
この楽しさは、上記の新機能?に起因するものなのか、単純に板のフレックスが合っているのか、恐らく後者だと思っております。
最近の板、色んなモノが搭載されているので、正直良く判りません。
しかも、雪の状態に影響されるところが大きいし。。。
キャンバーのそり具合?アーチの具合?は、以前のBurtonの板に少しフラットに近い感じですが、何故かそれなりに安定感(エッジが効く感じ)がある(気がする)。これがフロストバイトの効果??
なんとなく、いつものオーリー具合でもはね方が違うような?(気がする)
まぁ、少なくともFamily Tree Juice Wagonでは味わえなかった感覚なのかな?(と思いたい)
DSCN0072.jpg
DSCN0073.jpg

コメント

タイトルとURLをコピーしました