KWICKER K2 Stark

SNOW

# ようやく降り始めた。。。
DSC01373.jpg
かなり遅ればせながら先シーズン思い切って導入したACCUBLADE
は、一旦お休みすることにした(苦笑
導入にあたっては諸々面倒なことも多かったのに。。。
ただ、ステップイン機構は大変気に入ったので、、、別のステップインに。
必然的にK2 KWICKERになる。
アキュのブーツに対しては、
以前にも書いた“紐問題”もあったり、ホールド感が自分的にイマイチだったり。
以前に使用していたBOAブーツの様な、楽にホールド感を得られたら。。。と。
(なんか、今シーズンの YONEX AERIO はかなり改良されてるらしいですけど)
加えて、「足周りをシンプル」にしたいと思っていた。
最近は、
ゲレンデ滑走とスノーシューハイクならステップイン(アキュ)。
スプリットの場合は、ビンディング&ブーツはストラップタイプ(karakoram)。
そんな感じでやってきた。
↓↓↓↓
これを、全部「ステップイン」にしたい。
アキュ&スプリットなら「Voile light Rail Interface」という手段もありますが、
スプリットは「karakoram」が快適。
自分のはかなり旧式だけど、機能になんら不満は無い。
快適そのもの。
ただ、、、
スノーシューなの?スプリットなの?って時に、荷物的に非常に面倒&やっかい。
なので、この機会に全部KWICKERにしてしまおうと。
KWICKERを試してみようと。
(karakoram独自の捨てがたい仕様もあるのですが。。。)
となると、やるべき工作は、、、
「KWICKER × MSR LIGHTNING ASCENT」 の工作
「Burotn ICSボード × KWICKER」の工作
の前に、ブーツを入手しなければ。
K2 KWICKER STARK BOOTS
DSC01372.jpg
ちなみに、恐ろしいほどの雪不足で、まだ現場で使用してない。
K2もYONEXもね。正直高いよ。
いや、面倒なブーツなのは判りますよ。しかもSTARKはBOAだし。
けどね。
高いよ。高い。
で、ホールド感は期待通りなのですが、まず感動したのは最新型のBOA。
締め上げ時の感じは以前使用していたモノと同様なのだが、開放時の動きがだいぶ違う!
以前はロック解除したときに、あまり緩まなかった。
→なので、脚休めにリフト上で緩めたりしたもんです。
しかし、最新型のBOA。
ロック解除時の動きがスムーズ過ぎで、解除と共に一気にワイヤーが緩む。
技術の進化ですね。
そしてこのK2 KWICKER STARK BOOTS
激しく硬い。
スキーのハードブーツ > > >> K2 STARK >>>>>>>>>14-15 YONEX AERIO
な感じ。
馴染んでないことを差し引いても、現状、足首とかピクリとも曲がりません(苦笑
アンクルストラップ&ハイバック入りと考えても、かなり硬い印象。
まぁ、自分的には好きですけどね。
自分的に歴代最硬ブーツ。
ちなみに、「14-15 YONEX AERIO」と比べても、さほど重さは変わらない。
もっとも、14-15 YONEX AERIOはアンクルストラップを取っ払うと、軽くなりますが。
DSC01378.jpg
と、購入はだいぶ以前の話で、現在はいくつかの工作を経ていよいよ現場に持ち込もうかというところ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました