ブーツの準備

WARE

まとめて3足。オイルを入れて準備完了。
おかげで指が痛い。

それにしても、ようやく履けそうな季節感。

TRICKER’S COUNTRY
トリッカーズ カントリー

Danner MOUNTAIN LIGHT よりも在籍年数が長い。
ということは、そろそろ10年選手??
にも関わらず、見た目が若い。

大事に履いているというのもあるけど。
コイツは秋冬というわけではなく、通年で“雨の日要員”としてベンチ入りしてはいるものの、なかなか出番が無い。夏の雨ではなかなか履く気にならず、冬の雨や雪はではついついDannerに。

そのDanner。

Danner MOUNTAIN LIGHT は加入以降、常に秋冬は不動のセンターフォワード。そのため、新加入のDanner Lightがまったく育たない。


目指すところは、街でみたあのダナーライト。
というわけで、今シーズンは Danner Light 中心のフォーメーションで挑む。

つもり。

なのだが。

年を追うごとにランニングシューズと過ごす時間が長くなり、
ランニングシューズの重さが“日常”になっている今日この頃。
磨くブーツの重さのエグいコトと言ったら(苦笑

ちなみに、ブーツの手入れ。特にダナーの手入れについては、メーカーサイトが大変参考になります。
(ということを、最近知りました)

ちなみに、ダナーの購入を迷っている人は見ない見たほうが良いかも(笑
痛んでいる靴達がまたカッコエエのよ。

ちなみに、ダナーライトなんかは「エントリーモデル?」なる
「ダナー フィールド」とか言うヤツが出ている。
驚くのはその価格。
ダナーライトの 半分!

↑ これ、ダナーフィールド

created by Rinker
¥27,500 (2019/12/11 11:47:50時点 楽天市場調べ-詳細)


↑ これ、ダナーライト

created by Rinker
¥54,450 (2019/12/11 11:47:50時点 楽天市場調べ-詳細)

個人的にはモヤモヤするものがありますが、
それでもダナーフィールドだって2万円台のブーツなワケで、ゴアテックスでビブラムソール。
ちゃんとメンテすれば、長く履けるのではなかろうか。
生産国が違うってのが一番の違いらしいですけど、他にも刻印位置の違いやインナー生地、オモテのナイロン生地の違いなど、細々違いがあるにせよ、基本性能はほぼ同じなんじゃなかろうか。

日帰り登山用に、調達しても良かったかもしれない(笑

ちまたでは、太いパンツが流行っておりますが、目指すところはコレよね。

でもって、コレ。

カーキのダナーライトもカッコエエし、
ブラックのマウンテンライトもイイ。
いいなぁ。。。
いいなぁ。。。。。

 

created by Rinker
¥44,999 (2019/12/11 11:47:50時点 楽天市場調べ-詳細)

そして、マウンテンライトにもこんなモノが

created by Rinker
¥27,500 (2019/12/12 04:51:33時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました