テフロン加工(フッ素加工)-その2-

yama
テフロン加工
メスティンをテフロン加工してみた。いやー、快適!もっと早くやればよかった。テフロンとかフッ素加工とか色々微細な違い?があるようですが、今回はテフロン加工にしました。まぁ、、、丁寧に使用していてもいずれ劣化する加工であることは承...
メスティンで米を炊く -フッ素加工編-
久しぶりに履物以外のコト(笑間近に迫っている“ハズ”の梅雨明けに備え、山につれてくクッカーのチェック&再考&選別中に4g×4コのエスビット固形燃料をみつける。同時に、購入直後から行方不明だったエスビットのポケットストーブを発見!ポケ...

テフロン加工したクッカーの使い勝手を再認識したワタクシは、新たにテフロン加工を依頼してみることにしたと。
最終的に、前回のメスティンとは別の業者に依頼したのだが、コストも仕上がりも異なったので参考までに書いておこうかなと。
ちなみに前回(A社)の費用は
メスティン鍋:1700円くらい
メスティン蓋:950円くらい
トレックコンボのデッカイ方:1700円くらい
トレックコンボの蓋(フライパン?):1100円くらい
だった。
送料は別途&上記は税込み。
今回は、でっかいメスティン → ラージメスティンと他のアルミクッカーの鍋やらフライパンのテフロン加工を検討。
前回のA社他2社でお見積もりを。
まず1社は「個人様のテフロン加工は受け付けてません」とのことでNG。検索するとスグにヒットする業者さんなんですけどね。。。残念です。
で前回のA社さんからは、「ラージメスティン鍋で3600円くらい、蓋で2800円」くらい
でB社さんからは「ラージメスティン鍋で1600円くらい、蓋で1100円」くらい
いずれも、送料別。
なるほど。
・・・倍以上の差があると・・・
ちなみに、メスティンとラージメスティンのサイズ感。

P7180037.jpg

いずれも、手計測による概寸ですが。

■メスティン

鍋:約16cm×10cm 深さ 6cm
蓋:約16cm×10cm 深さ 2cm

■ラージメスティン

鍋:約21cm×13.5cm 深さ 5.5cm
蓋:約21cm×13.5cm 深さ 2.5cm

A社さんの仕上がりは個人的には満足してます。
概観はかなり変わるんですが、なによりいまだに使えているし、
素人目にも「しっかりテフロン加工されている感じ」は伝わります。
ですが、、、
今回はB社さんに依頼してみた。
で結果は??

P7180017.jpg
テフロン加工箇所の質などについては比較する術が無いので、正直良く判りません(笑

P7180032.jpg
(左がA社/右がB社)

A社のメスティンは既に使用品なので、その影響もあるかとは思いますが、
加工面の色合いやら質感は僅かに異なります。
一方、加工されていない箇所にはハッキリと違いが。
まず加工前に、、、、
業者さんからの注意事項で「形、歪みますよ」という指摘は、A社もB社も同じ。
アルミは歪みやすいんですね。特にメスティンは薄いですから。
で仕上がりで一目瞭然だったのは3箇所。

  • メスティンの蓋のテフロン加工範囲
  • 外装の状態
  • 形状の歪みの有無

■メスティンの鍋のテフロン加工範囲

今回のB社さんは、蓋の縁の部分までは加工されませんでした。

P7180029.jpg
(左がA社/右がB社)

鍋との噛み合わせを考慮してのことと思われる。
おそらく依頼前に指示出しすれば、縁まで加工してもらえると思います。
ワタクシ、てっきりフライパン風(→前回A社の仕上げと同様)に縁全体まで仕上がると思っていて、、、、
この仕上げ方は盲点だった。。。
試しにこの加工箇所の端を爪でゴシゴシしてみると、、、極僅かに剥がれる箇所もあったりして(汗
ちょっと不安ではある。。。

■外装の状態

前回のA社さんは、外装面、、、つまりフッ素加工しない箇所もブラスト加工?っぽい、何らかの加工が施されておりました。
詳細はコチラに書いて(http://nin007.blog.fc2.com/blog-entry-41.html)おりますが、
メスティンはマットな感じになったし、トレックコンボにいたってはマットシルバーがマットゴールドに変わる有様(笑
かなり高温で熱処理でもしたのでしょうか?
この仕上がり、嫌いじゃないです。
なので、どんな感じに変わるのかちょっと期待していたのですが、、、
今回のB社さんは、外装面は発送前の状態とほとんど変わらず。

P7180025.jpg
(写真だと判り難いですが、左がB社/右がA社)

ちなみにメスティンではない他のアルミ鍋やフライパンも外装面に変化無し。
(もちろん、フッ素加工による多少の擦れや飛沫痕なんかは付着してます→この辺はA社もB社も変わらず)

■形状の歪みの有無

前回のA社さんは加工面以外にも何らかの処理が加わわる関係でしょうが、全体的に柔らかくなりましたし、メスティンの鍋と蓋の噛み合わせはかなり緩くなった。
けど、それによる不都合はほとんど感じない。むしろ、蓋の内側全体にテフロン加工されている方が、好感。
で、今回のB社さんの仕上げ。
形状がほとんど歪んでいないのです。蓋のフッ素加工範囲の違いもありますが、鍋と蓋の噛み合わせも依頼前とほとんど同じ。
A社さん仕上げのメスティンは、蓋をして逆さまにすると蓋が落ちます(笑
B社さん仕上げのラージメスティンは、蓋が落ちない。
ちなみに、下記は別のアルミ鍋。

P7180021.jpg
左が未加工/右が加工済み。

現時点のところでは、B社さんのコストパフォーマンスとお仕事の速さ(→依頼から1週間程度で戻ってきました)には満足しております。
肝心なのは、テフロン加工面の強度と耐久性なので、要経過観察。
(というわけで、まだまだ使い込んでいるわけではないので、現状では社名は隠しで。ノントラブルだったら公開していきましょうかね)

コメント

  1. おひ より:

    初めまして!メスティンのテフロン加工を考えているものです。10日後くらいに旅に出るため、お供にテフロン加工のメスティンを…と思っておりましたが、いざ頼む段階で以外と時間がかかることに気がつきました。早いところはないかと探していたところ、この記事にたどり着きました。もしよろしければ、b社がどちらであるかお教えいただけませんでしょうか?ご検討お願い致します。

  2. nin007 より:

    閲覧ありがとうございます。
    お問い合わせの件ですが、当方の加工品がまだ1~2回のちょっとした使用にとどまっており、正直使い込むところまでは進んでおらずなんともいえませんが、使用した感じはいたって普通なので、、、、以下、当方が今回依頼した行社様のお名前を貼っておきます。

    株式会社エフ・シー
    http://www.fcxtera.com/

タイトルとURLをコピーしました