今期の新加入選手-SOTO SOD-330-

yama

SOD-310をガス缶分離スタイルで使う

手持ちのガスストーブ。
山での食事スタイルの変遷もあり、ここ数年はこんなスタイルで落ち着いていた。

  • マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310
  • CB缶用 中華ガスストーブスタンド
  • モンベル アルパインケトル 0.6L

安心安定の「マイクロレギュレーター」搭載バーナー。

中華スタンドは某ショッピングサイトでよく見かけるこれです。

収納も完璧。

ケトルの中に、
「SOD-310」
「中華ガスストーブスタンド」
「ライター」
「スプーンなど」
が入る。

中華スタンドからのガス漏れ

しかし、直近の山行で2つほど細かい問題発生。

  • SOD-310の点火装置の動きが怪しい
  • 中華スタンドからのガス漏れ

点火装置は今後「ライター」「イグナイター」で代用するので問題なし。
中華スタンドはというと、

ここからガス漏れ。ちなみに同型のスタンドをご使用の皆さん。ここは毎回チェックした方が良いですよ。とても緩み易いです。緩む⇒締めるを繰り返すことでパッキンがやられたというわけ。

それでもゴムパッキンを変えれば済む話。

つまり、問題と言うほどのものではないのだが、、、、
中華スタンドの使用感も正直微妙だったので、この機会に中華スタンドは使用中止とし、SOD-310も湯沸しのみの山行に出動させることとして、新たにコイツ ↓ をポチってしまったというわけ。

新規加入選手 FUSION Trek SOD-330

フュージョン トレック SOD-330

SOD-310のガス缶分離スタイルだと火力調整がやや面倒。せっかくの分離スタイルなら火力調整もガス缶側で行いたくなるわけで。
であれば「マイクロレギュレーター」搭載の分離型バーナーが1台あっても良かろうと思い入手したわけです。

ちなみに、カス缶分離型のガスバーナーは一応こんなモノも手元にある。

右側のヤツ。(左はSOD-330)
チタン製 ガスストーブ。その重量、実に「104g」。仕様では98gなんですけどね(苦笑)
それでも分離型ガスストーブとしては十分ウルトラライトです。

まぁ、これを使えば良いわけなんですが、私の山行にはもう「マイクロレギュレーター」必須です。
これ無しには山に入れません。

ホースがしなやかで火力調整が○

さてフュージョン トレック  SOD-330。大半の動作は店頭で確認済みでしたが、それにしても改めてホースのしなやかさは驚きます。

そしてテスト点火してみると、火力の調整幅に感動。特に弱火。無風の室内なので改めて屋外評価が必要ですが、現状期待感しかない。

手持ちのCB缶アダプターが使えない問題

しかし、気になるところも2つほど。

  • CB缶アダプターが使えない
  • 収納問題

当方、OD缶以外にCB缶も頻繁に使うのですが、
SOD-330では、使用予定だった手持ちのCB缶アダプターがハマらない。

はい。これも中華。OD缶⇒CB缶アダプター
某ショッピングサイトでよく見かけるヤツと同じだと思います。
で、このアダプターに取り付けようとすると、

パッキン丸見え。ここまでしかハマらない。開栓位置まで嵌っていないので、ガスが出ない(涙)
無理やり回せば入るかもしれないけど、ネジを舐めそうなので止めた。

ちなみにこのアダプター、SOD-310はハマる。
もっとも、CB缶にSOD-310を直付けする意味も用途も無いので、どうでも良いですけど。

ネジ穴を比べてみるも、微妙に違うような、そうでも無いような。

とりあえず、手持ちの中華CB缶アダプターは使用しないこととして
今後暫くはOD缶にすれば良いだけの話。

別のアダプターならはまるかもしれないし。

収納問題

しかしもう一つの問題。
収納問題。
これは覚悟の上で入手したワケですが、ちょっと難航しそうな気配。

購入前は、「奇跡的にケトルの中に入ったりしないかなぁ」とか淡い期待もあったのですが、、、

撃沈。そりゃそうです。

とりあえず、1.2Lのダイソータッパーが一番収まりが良さそうなので
暫くはコレで行くとして、ここは別途検討が必要なところ。

これでも一応、OD缶とバーナー、ライターが入ってます。まぁ、フィットしてるけども。

 

早く外で使いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました