甲斐駒ケ岳 黒戸尾根 ピストン 日帰り

kaikoma_0009.jpg
噂には聞いていた、甲斐駒ケ岳の黒戸尾根日帰りピストン。
2014年7月某日にチャレンジ!
以下、自分メモ。
●持ち物
———————————————–
7kg+水 2.5L
おにぎり×4
お菓子類
約10kgくらいの、いつもの荷物。
他者の黒戸尾根 日帰り ピストンの記録では、かなり軽装の方、トレランの方も多いみたいだし、行程を考えると早月尾根の時よりは軽くしたかったのですが、、、

劔岳 早月尾根 ピストン 日帰り
2012年10月上旬、以前からチャレンジしてみたかった馬場島 ⇔ 劔岳 早月尾根 ピストン 日帰りを実行。以下、記録。滑川(なめりかわ)IC~馬場島まで、さほど距離は無いが最後の方は幅員狭。4時ころ到着なので、なんとなく怖い。。...

色々考えると、やはりこのくらいの荷物になり。。。ちょっとブルー。。。
———————————————–
———————————————–
4:30 尾白川 竹宇神社駐車場 着
5:00 出発
———————————————–
↑↑↑↑
かなり明るいのでヘッデン要らず。
トレランスタイルで出発される方もチラホラ。
———————————————–
5:00 尾白川 橋

6:25 笹の平分岐
———————————————–
区間所要時間:1時間25分(コースタイム:2時間30分)
↑↑↑↑
とりあえず、蒸し暑い。
尾白川 橋を渡り終えてから、いきなりの急斜。
&ナカナカの斜度感を維持したまま、ひたすら登り。
汗がドッと出た&乳酸が体内を一巡する感じで、既に疲労感。
全行程が長い&キツイことを気にして、知らずの内にペースアップしていた。。。
展望ゼロ。
沢の音が遠のく。
kaikoma_0016.jpg
代わり映えしない樹林帯、、、この先の行程に大きな不安。。。
体力持つのかな。
———————————————–

7:40 刃渡り

8:05 刃利天狗 (おにぎり)
———————————————–
区間所要時間:1時間40分(コースタイム:2時間00分)
↑↑↑↑
笹の平分岐を越えると、ながーーーーーーーーーい八丁登り。
たまに脚休めの平坦な道もあるのですが、基本は前半同様の登り。
とにかく刃渡り(良く黒戸尾根の記録写真で出てくる例のナイフリッジ)までが長い。
越えても長いけど(笑)
目印としては、左側に鳳凰三山がチラ見し始めたら、刃渡りが近い???
刃渡りに出ると、一気に展望が開けるのでテンション上がる。
オベリスクも良く見える!
富士山まで見える!
kaikoma_0027.jpg
kaikoma_0026.jpg
この辺から、例の階段やらはしごも出てくる。
疲れた脚には、面倒なアイテムですが、これらのおかげで高度を稼げるわけで、、、
刃利天狗で一つ目のおにぎり。
———————————————–

8:50 五合目跡-登り返し地点-
———————————————–
区間所要時間:50分(コースタイム:1時間20分)
↑↑↑↑
悲しいかな、五合目手前から下り。
かなり下る。帰りの事を考えると、かなり憂鬱。
———————————————–

つり橋(9:15)

― 50分―(1時間10分)

9:40 七合目(おにぎり)
———————————————–
区間所要時間:50分(コースタイム:1時間10分)
↑↑↑↑
当たり前ですが、今度は登る。
小屋の気配ゼロ。
斜度と樹林のおかげで視界がさえぎられ、小屋が突然現れます(笑
七合目で二つ目のおにぎり。
———————————————–

10km地点(10:30)
———————————————–
区間所要時間:55分(コースタイム:1時間)
↑↑↑↑
この辺から、、、コースタイム通りの山行になる。。。
けど、小屋を過ぎると視界も徐々に開け、前半とはまた違う雰囲気で登れる。
剣なんかも刺さり始めて(笑
小屋を過ぎると、マークが見え難くなる。
ちなみにコレは突然現れた10kマーカー
kaikoma_0072.jpg
難しい道ではないけど、視界が悪いときなんかだと少々面倒な感じ。
———————————————–

10:35 八合目
———————————————–
区間所要時間:55分(コースタイム:1時間)
↑↑↑↑
やはりコースタイム通り。。。かなりの疲労で脚が、、、、
———————————————–

二本の剣

11:45 山頂
———————————————–
区間所要時間:1時間10分(コースタイム:1時間30分)
↑↑↑↑
2本の剣が遠くに見えてからが、なかなか長い。
なかなか近づかない。
けど、岩場を相手に悶絶しながら登り、、、
なんとか頂上に。
kaikoma_0112.jpg
kaikoma_0110.jpg
ガスが出ては消えるといった感じでしたが、視界はなかなか良好。
仙丈の方面は終始ガス気味。
半袖では寒かった。
休憩と展望を楽しむのもソコソコに下山スタート。
———————————————–
11:55 下山開始

13:20 七合目 (水補給 1.5L)
———————————————–
区間所要時間:1時間10分(コースタイム:1時間30分)
———————————————–

つり橋(13:45)

14:05 五合目跡-登り返し地点-
———————————————–
区間所要時間:45分(コースタイム:40分)
———————————————–

14:40 刃利天狗
———————————————–
区間所要時間:35分(コースタイム:50分)
———————————————–

15:55 笹の平分岐(おにぎり)
———————————————–
区間所要時間:1時間15分(コースタイム:1時間10分)
———————————————–

17:00 尾白川 橋
————————————————
区間所要時間:1時間5分(コースタイム:1時間30分)
↑↑↑↑
下山開始の前半は梯子や階段が頻出する&あまりの疲労で、
あまりスピードが上がらず。
特に、疲労の溜まった脚で梯子や階段を下りるのは、精神的にも体力的にもかなりツライ。
さらに、、、僅かな体力も五合目跡にある登り返しで残らず持って行かれ。。。
登り返しを登りきってからは、下りではあるけど、巻き道&梯子&階段をたまに味わいながら
ひたすら下る。とにかく下る。ずーーーーと下る。
惰性で下る。。。。にはあまりにも長すぎる下り。
刃渡りでまた視界が開け、精神的には回復するが脚の疲労感はかなりなモノです。
いつもなら小走りできるようなところも、思うように足が動かず、、、
顔にまとわり付く蜂やハエとの戦い、日没までに帰りたいプレッシャーで、
ながーーーーーい八丁登り(下り)から尾白川 橋まではストレスとの戦いでした。
が、何とか明るいうちに下山。
kaikoma_0164.jpg
このコースは噂どおりに、キツイ!
何人かのトレランの方に抜かれましたが、、、
とりあえず、このコースを走ろうなんて、ヘンタイですよヘンタイ。
(トレランの方が身軽に動ける分、また違うのか??)
テント担いで七合目まで登る人も、また凄いですよ。
何がキツいのか。。。。
距離&斜度はもちろんですが、、、梯子、鎖、階段。いつまでたっても開けない視界。。。。
(鳳凰三山はチラチラ見えますが、、、)
なんか、メンタルをヤラレル感じ。
梯子や階段なんかのアイテムも、その1つ1つはさほど危険ではないのだが、
疲労の溜まった脚では状況が一変。ホントツライ&危ない。
最後の方の階段なんか、産まれたての子鹿の様な脚で降りましたよ。。。
しかも、雨でも降ろうもんなら、確実にコースタイムオーバーかと。
頂上に向かう視界もなぁ。。。
甲斐駒の雄姿は、恐らく北沢峠からの方が楽しめるだろうな。。。
今度、北沢からゆっくり登ろう。。。
————————————————
登り所要時間:6時間45分(コースタイム:9時間30分)
下り所要時間:5時間5分(コースタイム:5時間40分)
————————————————
トータル所要時間:11時間50分 (コースタイム:15時間10分)
片道 約11k
高低差:2200m
累積標高:約2400m??
■消費
水 3.5L (内 スポーツドリンク 2L)
小スニッカーズ×5
おにぎり×4
キャラメル、塩タブレット複数
ミックスナッツ少々

コメント

タイトルとURLをコピーしました