GARMONT Vetta Lite GTX

yama

GARMONT Vetta Lite GTX
ハイキングシューズとして、KEEN の「pyrenees」を履いていたのだが、さすがにハイキング過ぎた(笑
ちなみに、、、普段のサンダルとして「YOGUI」、街履きに「CORTINA Mid」を履いてまして、
ぜーーーーんぶ、履き心地がイイ!
しかし、、、「YOGUI」も「CORTINA Mid」ソールがべろーーーーーんと剥がれた。
そして、「pyrenees」にもその気配があり、山での使用を止めた。
KEENの靴は履き心地が良くて好きなんですけどねー。。。私の周りでもソール剥がれ頻発してます。
手元の中で一番ホンキな「Mammut Mt. Lennox GTX」で、しばらく色々歩いてたのですが、、、
日帰りのちょっとした山歩きには完全にオーバースペック。
歩く場所と言うか、自分的にオーバースペック。
完全に持て余してます(汗
で、「pyrenees」に代わる、軽めのハイキングシューズを色々物色。
で、見つけたのがコレ。

DSCN0608.jpg

GARMONT Vetta Lite GTX
ポチる前に、店頭で試着したかったのだが、、、どこにも置いてない(涙
しかも日本のネットショップでは、赤色しかない。
最終手段。海外のショップ。しかもかなりお安くなっていたので、ポチる。
サイズで失敗したら、、、まぁ、慣れっこです(汗
それなりに下調べして、ガルモントの別製品を試し履きしたり(笑
結果、ワタクシが選んだのは、「UK 9.5」

DSCN0610.jpg

27.5cm くらい??
履いた感じは、、、狙い通り(汗
厚手の靴下履いて快適な感じ。
見た目はソフトな感じですが、足を入れた感じはそれほどサポート感を感じない(苦笑
包み込む様な感じは皆無です。必要最低限のサポート感。
まぁ、厚手の靴下履いて「完成」って感じの足入れ感。でも十分ですね。
靴自体は軽い(→ もちろん知ってて購入)
デザインはワタクシ好み。
概ね期待通り。
唯一気になるのは、、、ソールのブロックパターンと深さ。
購入前の画像から覚悟はしていたけど、実物は予想以上に少し細かい&浅い・・・
DSCN0614.jpg

そこはビブラムソールを信じるとして、概ね好印象。
そして、、、、一番不安だったシャンクの感じ。
ソール同様、実物を手にするまで判らない最大の不安ポイントでしたが、、、
「フレキシブルシャンク」?
これは実際山で歩いてみないことにはですが、ハイキング的な軽登山には最適な予感。
フルシャンクほどの硬さは無いですが、両手でグニャっとは曲がりません。
「へ」の字くらいにはなるかな??って感じ。
履いて体重かけると適度に曲がる感じ。
つま先も、登山靴のクライミングゾーンとはいかないまでも、
ちょっとした岩場にかけやすいようなソール(→見た目は)
期待大!

コメント

タイトルとURLをコピーしました