ILIFE V3s Pro ロボットクリーナー

未分類


とうとう我が家にもお掃除ロボットが。
ILIFE V3s pro
掃き掃除と掃除機で十分事足りる程度の住まいですが、、、
アマゾンのタイムセール価格と「ベストセラー1位」のタグに負けた。。。(苦笑
逆に言えば、その程度の理由でも無い限り導入することの必要性が無い、散在品。
この種の製品では、
ルンバ or NOT
日本製 or NOT
な感じ。

ツカモトエイム ロボットクリーナー

ECOVACS DEEBOT

シャープ ココロボ COCOROBO

パナソニック RULO

日立 ミニマル
まぁ、色々ありますわ。
使えば便利なんでしょうけど、ちょっと試すには日本製はやや高い。
逆に廉価な製品はその性能が疑問。
吸引力
プログラム
バッテリー
騒音
走行性能
メンテナンス性
など等。
とにかく比較項目が多い。
で、もうアマゾンさんの「ベストセラー1位」を信じてみようと。
おそらく安かろう悪かろうでは、そう簡単に1位は取れんだろうと(笑
まぁ、騙されてもイイよ。と思える価格だったし。
で到着後、早速使ってみた。
まずは開梱。
DSC03965.jpg
DSC03967.jpg
DSC03971.jpg
DSC03968.jpg
まず、驚いた。
もっと安っぽい品物を想定していたけど、質感は十分。
取説も日本語記載があるし。(内容は突っ込みどころ満載だけど)
交換品も、ブラシ2つにHEPAフィルタ2つ。
既に1つは装着済みなので、合計各3つ同梱されている。
ダストボックスも水洗いできるらしい。
DSC03974.jpg
リモコンは、、、まぁこんなモンだろう(笑
DSC03970.jpg
さて、早速掃除をさせてみる。
まず第一印象は「十分許容範囲内の騒音」
というか、自分的に煩くはない。
というか、ウチの指名打者「ダイソン」の爆音に慣れているので、とても静かに感じる。
吸引力?
ウチの生活環境には必要にして十分。
とりあえずオートで動かしても、壁面に沿って動いたり、何度も同じところを掃除する動きも見せる。
動きにはそれなりに何らかの意図(プログラム)を感じます。
ちなみに、リモコンのボタン1つで集中的に掃除させたり
壁面を集中的に掃除させたりできるらしい。
「ハウス」ボタンもある
(※名称は違います)

コレを押すと、充電器に戻る。
でも充電器から遠いと、充電器を探しながらのんびり戻ります。
けど便利だなと思った機能の一つ。
通常時も充電が少なくなると自動的に戻るって、取説に書いてあるけど。。。どうなんだろう(半疑
段差もちゃんと落ちない。
玄関マット位なら余裕で乗り上げる。
正直、もっとダメな機械かと覚悟していたけど、
コレ掃除機としては十分なんじゃないかと思ったのが第一印象。
しかし、そこはこのお値段。
突っ込みどころ(ガッカリポイント)もちゃんとある。
目立ったのは、今のところ2つ。
黒い物体が苦手??(笑
どのようなセンサーでどの様に反応しているのかは不明ですけど、
見た感じ「黒い物体」は苦手みたい。
黒い物体には「ゴツン」と行ってから、次の動作を行う、、、みたいな。
一応、掃除機本体にバンパーが付いていますけど、、、
挨拶代わりの一発目は、まぁまぁハードな当たり(苦笑
もっとも、部屋にある大半のモノは、ぶつかる直前でストップしますけどね。
二つ目。
期待していた「タイマー機能」の設定(解除)方法がバカ。
当初、「タイマー機能」は便利だと思った。
これ目当てで買う人もいるかもしれませんね。
ワタシもその一人。
まずタイマーの設定は基本的にはリモコンの操作だけで完結する。
まぁ普通。
毎日同じ時間に掃除させる人は、まったく問題ないかと。
自分的に問題なのは解除方法。
タイマーの解除は、リモコンではできません。(たぶん)
解除するには、掃除機本体の電源を一度オフにするのです。
取説にはそう書いてあります。
つまり、タイマーの解除は毎回掃除機本体のボタンを手で押す必要がある訳です。
ちなみに掃除機本体の電源を一度オフにすると、
時刻設定もリセットされるらしく、結果タイマーもリセットされる仕掛け。
ちなみに、再度掃除機本体の電源をオンにしたら、時刻設定もやり直しらしい。
(と言っても、リモコンでボタンを2~3度押すだけですけど)
リモコンのタイマーボタンがエライ簡単に押せる位置にあるので、
間違って押してしまったら、タイマーセットされていることに気づかず
動き始めるのか???
タイマー関連で小さな突っ込みどころがもう1つ。
タイマーの設定は15分刻みです。

まぁ、しばらくコイツと生活してみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました