NIKE Vomero

Nike Vomero 14 -300k 経過 メモ-

Nike Vomero 14 を300kほど使った後のソールの状態。

大半がアスファルトで、10kくらいはクロカンコースでの使用。
もっともこの時期なので、ペースも遅くソールへの負荷もほどほど?
(逆に接地時間&回数が多く、負荷が高い??)

私感ですが、かなり丈夫なソールではないかと感じます。

ミッドソールに関しては、Zoom Flyの様なシワシワは発生していない。

 

安定の片減り(苦笑
ワタシの癖で右足親指~母子球にかけて一番磨耗が進むのです。

ちなみに、
↓  は 200k 時点の状態。

 

続いてヒール側。
やはり右足側から減る。

こちらも参考までに、200k時点の状態がコチラ

ここ一ヶ月は暑さで平均ペースが遅いことや、シューズ独特の踵の形状もあり、かなりの減りは覚悟していましたが、自分的には「ほとんど減っていない」印象。
過去のシューズと比べても、磨耗が遅い印象。
(ペースが遅いから、磨耗もマイルドなのかとも思いますが)

ソールやアッパーに関しては、ほとんど損傷は感じないのですが、
200k時点でヒールカップの内側に少し不具合が。

右側が正常な状態。
ここ、ヒールカップにインナーの生地が接着されているのですが、
片側(写真左)だけ剥がれてきたのです。

ランニングには影響ないのですが、気分的に良くない。
まぁ、ヒールカップ内の凹凸がとても複雑な形状なので、仕方の無いところかとは思いますけどね。

 

というわけで、300k 経過(今日現在は 350k)しても、
使用感としては(良くも悪くも)第一印象のママといった感じ。

Nike Vomero 14 -使ってみた編-

 

で・す・が、追記すべきことが、2つ。
というより、避けるべきモノが「1つ」

それは、水分

水分を含むとかなり良くない

これは大抵のシューズに言えることではありますけど、それでも通気性の良い靴は、排水性も良かったりする場合もあり、少しくらい水分を含んでも、走りながら多少抜けていくことも期待できたりするシューズもある。

しかしこの靴に関しては、そもそも通気性がかなり良くない。そのせいか、水分を含んでしまうとかなり致命的
アッパー全体の保水力がなかなか強力で、一度水を含むとほぼ抜けません。もともと重めの靴ですが、水分を含むと激重になります。

特にこの8月はかなり暑かったこともあり、雨が降っていなくてもランニング中の自分の汗がシューズまで降りてきて、ランニング後にはなかなか重い靴に変身することも多かった(苦笑

 

濡れた路面に弱い(印象)

これは、手持ちの他のシューズと比較してって話なので、感じ方は個人差があると思いますが、ワタシ的には濡れた路面では「とても滑る」シューズに感じている。

濡れたマンホールはもちろん、滑らかな路面(斜面)だったり、濡れた凹凸箇所など。

これは、耐久性(堅めのゴム)とのバーターとして、仕方のないところか。

もしこの靴をレースで使う場合は、給水エイドなどの「水場」や「水溜り」は細心の注意が必要に感じます。

 

あとは、やはりシューズ内の「熱」問題(笑
(既に書きましたけど)

使い始めの7月は「熱いなぁ」程度でしたけど、8月は「ありえないくらい熱い」状態だった(笑
まぁ、太陽光もありえないくらい強く暑く、もう全身から路面から全てが暑く、結果シューズ内の熱や暑さも紛れましたけどね。

 

と、悪いとこばかり書きましたが、この靴は好きです。
フィット感&走り心地は大満足。
(?? 足や走りに合っているから、ソールの減りがマイルドなのか??)

スピード練習にもロング走にも履いている。
最近では不動のスタメン。

「水」と「熱」を乗り越えられるのであれば、オススメです。

 

Nike Vomero 14 -使ってみた編-

購入後、70kほど使ってみたところで。

Nike Vomero 14

まず、自分の普段のランニングに色々使えるかどうかという点では、大満足。
迷ったら「コレ」的に使える。スタメン決定。

普段のランニングでは、超頑張ってスピード出してもキロ4分を切るかどうかの鈍足だし、
靴自体が長距離向けということもあり、距離が伸びる分には問題ないかなと。

とにかく自分の足にかなりフィットしているので、気持ち良く走れている。

 

紐&タン

緩まないし、締め上げた感じがちゃんと持続する。
と言っても、ランニングシューズとしては「普通」レベルかな(笑
(NIKEの靴は紐の当たり外れが激しい気がするので、ハードルが低い?)

過去~現在で使用したNIKEシューズは、ランニング中に紐を結び直すことも多々ある。
コイツはまだ4回しか使っていないですけど、結び直しは発生していない。
緩みそうな気配すらない。

 

衝撃吸収性

クッショニングとでも言うのでしょうか。
期待通り、脚に優しい印象。
安定性(後述)もあるので、衝撃吸収のみ仕事をしてくれている感じ。

ちなみに踵側はもちろんですが、爪先側もけっこうスゴイ。

長距離用?のフルレングス ズームエアの効果なのだろうか??
いや、Zoom Air + リアクトの効果なのかな??
正直、良く判らないけど、大抵の距離で走っていて気持ちよいことは確か。
(柔らかすぎて、母子球あたりに熱を感じるところは若干ありますけど。。。)

 

反発性

正直、あまり感じない。
これは反発性に欠けるということでは無く、「自分が鈍感」という意味(笑
きっと反発を感じるようなペースだったり、走り方をしていないためだと思う。
自分には良く判らなかった。

試着段階では屈曲し難くけっこう堅めに感じ「反発感」に期待したところもありましたが、
回を重ねるごとに靴が馴染み柔らかくなり、堅さも取れた。

この靴、おそらくシャンクプレートの類は入っていないと思うのですが、
使えば使うほど柔らかくなるのでしょうか?
要経過観察。

 

安定性

踵の左右方向はブレ難い印象。
他のシューズに見られるような内傾防止のプラパーツなどは無いのですが、
内側にも外側にも倒れ難い感じ。(今のところ)
全体的に幅広のソール形状が影響しているのかな。

爪先側も、アッパーの生地があまり伸縮しないいこともあり、踵同様左右方向にはブレ難い。
けど、使えば使うほど柔らかくなるのでしょうか?
要経過観察。
(ちなみに、ヘタリ始めているZoom Flyは、左右方向へのグラつきが増してきている気がする)

 

通気性 ⇒ × 熱い!

大半の面では期待通りの靴なのですが、唯一にして最大の不満点。
それは、アッパー生地の通気性。
特に今時期、正直「暑い」と言うか「熱い」。
この先の気温上昇を考えると、やや怖い。
ちなみに、薄い1枚生地に見えますが、内側にもう一枚生地があり2枚重ねのアッパー。
個人的には、内側の生地が不要に感じるけど、どうだろう。

自分は平気でしたが、フィット感が今ひとつの状態で履くとか、ソックスが熱い(厚い)とか、
人によっては、諸条件によって水ぶくれとか出来そうな気がする。

逆に、冬。
ここは期待したい。
自分は足指がかなり冷えやすいのですが、この点はかなり期待できそう。。。か?

 

グダグダ書きましたが、全般的にはかなり満足。

まだ4回、計70kほどですがソールはほとんど削れていないので耐久性もありそうだし。
しばらく、コイツと頑張っていこうかと。

Nike Vomero 14 -試着編-

新入り。
ナイキ ボメロ 14
Nike Vomero 14

このところ、普段のランニングで使える万能シューズを探しており
Nike pegasus 35とか36を買うか否か、アシックス GT-2000に戻るか??

しばらく迷っていたが、最終的にNike Vomero 14を選んでみた。
とにかく、フィット感がかなり好み。

 

Nike Pegasus はトゥボックスの広さが気になる。
加えて、靴紐の穴が少ない?
爪先側のホールド感にやや不安が。速く走れそうな雰囲気はあるけど、長く走るには少々不安。

 

GT-2000 Slim は相変わらず安心感のある足入れ。けど足の自由度の無さは相変わらず?
自分も長いこと使った実績があるので、コレを買えば問題ないことは判っているけど、どうせなら別の靴を履いてみたい。で、ダメならニューヨークに戻ればよいかなと。

そんなところにVomeroがリニューアル。イマドキの尖ったデザインに。
Nikeのラインナップ的にも、アシックスで言うところのニューヨーク(とか、カヤノ)的な位置づけだと勝手に解釈している。

 

履いた&購入したのは 26.5cm

ちなみに、足のサイズはコレ

自分的には Pegasus よりもタイトな感じでかなり足に合っている感じがする。穴が一列増えるだけでかなりフィット感が増すけど、紐やサポートするワイヤー類、シューレースホールの補強具合、全体的な肉厚感などなど、全体的にバランスが良いと思う。
紐を締め上げても緩みにくいので、紐をシッカリと締め上げ易い&緩みにくい。(Zoom Flyとは大違い)

海外のレビューでは「タンが短い、不快」とか、「通気性が悪い」とか、「重い」とか 色々言われているっぽい。

タンの長さに関しては、まったく問題なし。
むしろ、Pegasusみたいな長すぎるタンよりもコチラの方が好み。

弾力感を感じる、厚めのタン。これもフィット感に貢献してるかと。

肉厚なパッドが付いて、シッカリしたヒールカップ。

ちなみにZoom Flyのヒールカップを摘むと、、、

同じ力で摘んでも、ボメロはこんな感じ。

パッドが付いたペガサスのヒールカップといった感じか。

 

厚底に見えるけど、実際は↓の物差しアタリがインソールの位置。

横から見るとかなり深そうな見た目ですが、足入れするとむしろ逆。
シューズの作りがゴツ目なので、足入れは“浅い”印象すらある。

古いですが、参考までに Japan Boost2のヒールカップ。

ソールがかなり上まで巻き上がっていることもあり、
浅いけどシッカリしている印象。

ついでに、同じ力で押してみるとこんな感じ。

それにしても、Japan Boost2 は捻れ防止のプレートが入っているので、シューズの硬さ?は今尚変わらない。

一方、ボメロ にはシャンクプレートの類は入っていないらしいですが、現時点では全方位で堅めの印象。実際つかって(使い続けて)みてどうだろうか。

インソールは厚め。爪先で5mm。

 

長距離用ってことらしいけど、どんなもんでしょうか。
試着段階では、ZoomパックとReactの影響か、足下からかなり反発を感じる。

ソールは耐久性ありそうに見えるけど。

 

ここまではかなり好印象なのですが、

気になるところは?

 

 

さて。
今のところ期待大。

実際走ってみてどんなもんか。