Nike Vomero 14 -試着編-

RUN

新入り。
ナイキ ボメロ 14
Nike Vomero 14

このところ、普段のランニングで使える万能シューズを探しており
Nike pegasus 35とか36を買うか否か、アシックス GT-2000に戻るか??

しばらく迷っていたが、最終的にNike Vomero 14を選んでみた。
とにかく、フィット感がかなり好み。

 

Nike Pegasus はトゥボックスの広さが気になる。
加えて、靴紐の穴が少ない?
爪先側のホールド感にやや不安が。速く走れそうな雰囲気はあるけど、長く走るには少々不安。

 

GT-2000 Slim は相変わらず安心感のある足入れ。けど足の自由度の無さは相変わらず?
自分も長いこと使った実績があるので、コレを買えば問題ないことは判っているけど、どうせなら別の靴を履いてみたい。で、ダメならニューヨークに戻ればよいかなと。

そんなところにVomeroがリニューアル。イマドキの尖ったデザインに。
Nikeのラインナップ的にも、アシックスで言うところのニューヨーク(とか、カヤノ)的な位置づけだと勝手に解釈している。

 

履いた&購入したのは 26.5cm

ちなみに、足のサイズはコレ

自分的には Pegasus よりもタイトな感じでかなり足に合っている感じがする。穴が一列増えるだけでかなりフィット感が増すけど、紐やサポートするワイヤー類、シューレースホールの補強具合、全体的な肉厚感などなど、全体的にバランスが良いと思う。
紐を締め上げても緩みにくいので、紐をシッカリと締め上げ易い&緩みにくい。(Zoom Flyとは大違い)

海外のレビューでは「タンが短い、不快」とか、「通気性が悪い」とか、「重い」とか 色々言われているっぽい。

タンの長さに関しては、まったく問題なし。
むしろ、Pegasusみたいな長すぎるタンよりもコチラの方が好み。

弾力感を感じる、厚めのタン。これもフィット感に貢献してるかと。

肉厚なパッドが付いて、シッカリしたヒールカップ。

ちなみにZoom Flyのヒールカップを摘むと、、、

同じ力で摘んでも、ボメロはこんな感じ。

パッドが付いたペガサスのヒールカップといった感じか。

 

厚底に見えるけど、実際は↓の物差しアタリがインソールの位置。

横から見るとかなり深そうな見た目ですが、足入れするとむしろ逆。
シューズの作りがゴツ目なので、足入れは“浅い”印象すらある。

古いですが、参考までに Japan Boost2のヒールカップ。

ソールがかなり上まで巻き上がっていることもあり、
浅いけどシッカリしている印象。

ついでに、同じ力で押してみるとこんな感じ。

それにしても、Japan Boost2 は捻れ防止のプレートが入っているので、シューズの硬さ?は今尚変わらない。

一方、ボメロ にはシャンクプレートの類は入っていないらしいですが、現時点では全方位で堅めの印象。実際つかって(使い続けて)みてどうだろうか。

インソールは厚め。爪先で5mm。

 

長距離用ってことらしいけど、どんなもんでしょうか。
試着段階では、ZoomパックとReactの影響か、足下からかなり反発を感じる。

ソールは耐久性ありそうに見えるけど。

 

ここまではかなり好印象なのですが、

気になるところは?

 

 

さて。
今のところ期待大。

実際走ってみてどんなもんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました