NIKE ZOOM FLY

Nike Vomero 14 -試着編-

新入り。
ナイキ ボメロ 14
Nike Vomero 14

このところ、普段のランニングで使える万能シューズを探しており
Nike pegasus 35とか36を買うか否か、アシックス GT-2000に戻るか??

しばらく迷っていたが、最終的にNike Vomero 14を選んでみた。
とにかく、フィット感がかなり好み。

 

Nike Pegasus はトゥボックスの広さが気になる。
加えて、靴紐の穴が少ない?
爪先側のホールド感にやや不安が。速く走れそうな雰囲気はあるけど、長く走るには少々不安。

 

GT-2000 Slim は相変わらず安心感のある足入れ。けど足の自由度の無さは相変わらず?
自分も長いこと使った実績があるので、コレを買えば問題ないことは判っているけど、どうせなら別の靴を履いてみたい。で、ダメならニューヨークに戻ればよいかなと。

そんなところにVomeroがリニューアル。イマドキの尖ったデザインに。
Nikeのラインナップ的にも、アシックスで言うところのニューヨーク(とか、カヤノ)的な位置づけだと勝手に解釈している。

 

履いた&購入したのは 26.5cm

ちなみに、足のサイズはコレ

自分的には Pegasus よりもタイトな感じでかなり足に合っている感じがする。穴が一列増えるだけでかなりフィット感が増すけど、紐やサポートするワイヤー類、シューレースホールの補強具合、全体的な肉厚感などなど、全体的にバランスが良いと思う。
紐を締め上げても緩みにくいので、紐をシッカリと締め上げ易い&緩みにくい。(Zoom Flyとは大違い)

海外のレビューでは「タンが短い、不快」とか、「通気性が悪い」とか、「重い」とか 色々言われているっぽい。

タンの長さに関しては、まったく問題なし。
むしろ、Pegasusみたいな長すぎるタンよりもコチラの方が好み。

弾力感を感じる、厚めのタン。これもフィット感に貢献してるかと。

肉厚なパッドが付いて、シッカリしたヒールカップ。

ちなみにZoom Flyのヒールカップを摘むと、、、

同じ力で摘んでも、ボメロはこんな感じ。

パッドが付いたペガサスのヒールカップといった感じか。

 

厚底に見えるけど、実際は↓の物差しアタリがインソールの位置。

横から見るとかなり深そうな見た目ですが、足入れするとむしろ逆。
シューズの作りがゴツ目なので、足入れは“浅い”印象すらある。

古いですが、参考までに Japan Boost2のヒールカップ。

ソールがかなり上まで巻き上がっていることもあり、
浅いけどシッカリしている印象。

ついでに、同じ力で押してみるとこんな感じ。

それにしても、Japan Boost2 は捻れ防止のプレートが入っているので、シューズの硬さ?は今尚変わらない。

一方、ボメロ にはシャンクプレートの類は入っていないらしいですが、現時点では全方位で堅めの印象。実際つかって(使い続けて)みてどうだろうか。

インソールは厚め。爪先で5mm。

 

長距離用ってことらしいけど、どんなもんでしょうか。
試着段階では、ZoomパックとReactの影響か、足下からかなり反発を感じる。

ソールは耐久性ありそうに見えるけど。

 

ここまではかなり好印象なのですが、

気になるところは?

 

 

さて。
今のところ期待大。

実際走ってみてどんなもんか。

NIKE ZOOM FLY SP

 

本番をNIKE ZOOM FLYで走ることを想定しつつ、
MIZUNO Wave Creation 17を中心に色々なシューズを交えながら走ってきたのだが、
はやり、NIKE ZOOM FLYじゃないと刺激されない箇所があるなと、改めて感じるコトもあり。

普通のNIKE ZOOM FLYとフライニットの中間モデル?の様なモノがあるコトを知り、
それならばと、結局練習用のNIKE ZOOM FLYと、本番用のNIKE ZOOM FLYを
別々に用意することに落ち着いた。

まず、普通のNIKE ZOOM FLY。
耐久性があると言われているようですが、それはあくまで4%とかフライニットと比較しての話なのかなと。
NIKE ZOOM FLYで100kちょっと走った今現在、ソールは大分柔らかくなっており、
当初とは何か別の靴の様な感じ(はきっと、履きなれたコトによる鮮度が薄れたことやら、履くにあたり必要な箇所が鍛えられてきたとか、ソール外観のシワの多さ&深さによる印象だったりとか、諸々あるかと。)。

特に左右方向への柔らかさを感じる様な、、、
前後方向は、プレートの効果で依然として堅め。転がり感も依然として有る。

で、NIKE ZOOM FLY SP
サイズをハーフサイズUPして購入。
アッパーの伸縮性の違いなのか、ハーフサイズUPが丁度良さそうなフィット感だった。

ちょっと自分メモ用に、今の最近の足の感じを。

で、この足が履くと、、、

こんな感じ。

ちなみに普通のNIKE ZOOM FLY の26.5cm

画像だと伝わらないヤツなんですけど、アッパーの違いからか、フィット感が大分異なる。
普通のNIKE ZOOM FLYは26.5cmで、アッパーに少し余裕が出る。
けど、NIKE ZOOM FLY SPは27cmで、なかなかのフィット感。
生地的に履き込んでもさほど「伸びる気配」を感じないけど、どうだろうか。

店頭で触ると、足当たりもハードそうで、あまり履き心地が良く無さそうなアッパーなのだが、これが伸びるナイロン生地でなんとも言えない履き心地。
好みは判れると思われるけど、走った感じは意外にフツー。
この手の生地によくある「生地折れ」による擦れも自分の場合はまったく無かった。

通気性については、正直判らない。
今時期はむしろ足先が寒いくらいだし。
ただ、期待はできないかなと思われる。

紐は、極々僅かに進化したかな。

普通のNIKE ZOOM FLYの紐がとにかくダメで、理由は伸縮性の無さと材質。
ツルツル滑るナイロンで伸縮性が無いので、とにかく緩む解ける。

NIKE ZOOM FLY Spの紐は、特殊なアッパー生地やらレースホールとの相性かとは思うけど、紐が少し薄くなって極僅かに伸縮性が増した、比較的普通の靴紐。
この極僅かな伸縮性と結んでしっかりと潰れる平紐ってだけで、緩み難くなる。

アッパー生地同様に大きく異なるのが、ヒールカップ。

ズームストリークほどではないけど、かなり柔らかい。
そして、これが一番走りに影響するのではないかと考えている。

まだトータルで30kほどしか走っていないので、“今のところ平気”なのですが、正直不安な点ではある。ワタシの貧脚ではレース後半の疲労の溜まった足では、この柔らかいヒールカップと厚底で左右へのグラつきがどう影響するのか、、、心配。

インソールは、差がある様なほとんど無いような。

 

品名こそ「SP」しか違わないけど、ほぼ「別の靴」。

そんな印象。

で、走った感じは、、、やはり好きだわコレ。

まぁ走ってしまえば、NIKE ZOOM FLY。そんな感じ。

NIKE ZOOM FLY から逆算しての練習靴(仮)

直近の本番は3月に走る2つのフル。

当初練習用に導入したNIKE ZOOM FLY。

けど、本番をNIKE ZOOM FLYで走ることは、ほぼ決めた。

本来メーカー的には、
練習は 「NIKE ZOOM FLY」
本番は 「NIKE ZOOM FLY flyknit」が
自然な流れかとは思いますが、
自分程度の走力では「NIKE ZOOM FLY フライニット」は
完全に持て余す(に違いない)。

なので、本番もフツーの「NIKE ZOOM FLY」で十分。
ただ、あまりにも極端なシューズなので、少し履き込みも必要。
しかし、ソールのシワやら減り方を見てると
練習で履き込んで、本番もコレでってのは、、、、靴のヘタリが心配。

正直、本番用の靴には「コレ履くとオレ速く走れるンだぞ!!」的なプラシーボ効果?の様なものも期待したい。
履きなれているけど、普段の練習で履かない(笑)
そんな感じの靴として位置づけたいところ(笑)
悩ましい。

ZoomFlyを本番用にするか練習用にするか

で、「NIKE ZOOM FLY」から逆算しての「練習靴」

理想は
「NIKE ZOOM FLY」にドロップ感が似ていて、少し重い。
で、重要なのは「硬さ」
NIKE ZOOM FLY の独特のソールの「硬さ」に体(脚)が慣れることが最重要課題かもしれない。

ここで言う「硬さ」はクッション性のコトではなくて、シャンク?的なところ。
むしろNIKE ZOOM FLY クッションはかなりある(柔らかい)と思う。
一方で、例の“プレート”で足裏全体はほぼ屈曲しない=硬い。
屈曲しない替わりに、ローリング形状に任せて足を出す。
自分的には「蹴り出す」ことが格段に少なくなる感じ=コレが自分的に好きなポイント。

普段履いているシューズ達では、ある程度足裏が屈曲するので、自然と(必要以上に?)「蹴り出して」進んでいる感じがある。自分の場合、特に「右足」。この右足の蹴り出しで、それと連動して脚の特定の箇所(筋肉)に刺激(疲労)が入っている感じがある。
で、自分あるあるでは、右足の疲労からか、たいてい右足から故障する。。。
シューズも、右足親指から母子球あたりが一番削れる。

NIKE ZOOM FLYの場合、足裏を屈曲させずに脚を動かすので、それだけでも自分的にはかなりラクに走れる。その一方で、この靴を履いた時にだけ疲労する場所があるのも事実。
自分の場合は、脹脛上部というかほぼ膝ウラに近い箇所。ここに独特の張りが出る(時と出ないときがある)。
おそらく、足の回転とか歩幅とか、諸々普段以上に動かしている感があり、NIKE ZOOM FLYで走るにあたっての必要な物が色々足りないのかなという感じ。
加えて、蹴り難いシューズなのに無理やり蹴り出そうとしているのもある。
大きい筋肉を使って、シューズのソール形状に任せた大きな歩幅で脚を出す&走る。
これが、目下の目標。

とまぁ、素人の雑な推測ですが、とにかくNIKE ZOOM FLYの様な硬さを持つ靴を普段の練習に使えば、「NIKE ZOOM FLY」でもっと快適に走れるのではないか???

と、ここ最近はこんな中2の様な妄想に悩んでおりました。

そんな中、

MIZUNO Wave Creation 17

MIZUNO Wave Creation
この靴に、少しだけヒールが厚めのインソールを入れると、、、

大きなドロップからの傾斜感。
転がる感じ。
なによりもシューズの「硬さ」。

言いすぎかもしれませんが、NIKE ZOOM FLYから
「軽さ」と「クッション性」を取り除いた、ってのは言いすぎだとは思いますが、
NIKE ZOOM FLY を使うことを想定した練習靴には最適かもしれない。
走らされてる感が、何か近い感じ。

「激重」ってのも、練習には良いかも。

ZOOM STREAK LT でスピード練習やら足を鍛える的なコトをして、
Asics GELFEATHER Glide をジョグかな。
MIZUNO Wave Creation で フォーム的なことやら筋力的なコトを見直す。

しばらくこれで行ってみるかな??

ZoomFlyを本番用にするか練習用にするか

さらに使ってみた NIKE ZOOM FLY

まだ数回しか使っていないズームフライですが、なかなか気に入ってしまった。

当初は自分には持て余しそうな靴だったので、完全に練習用に考えていたが
自分程度の走力なら、もう少し鍛錬を積めばもしかしたら本番で使える靴かもしれない、と思い始めた。

シリアスなランナーの方々には、重さを気にされる人もいるようですが、自分的には同程度かもっと重い靴ばかり履いているので、むしろ軽いくらいに感じている。
ので、この感覚が薄れない間は、ズームフライで本番を走るのもアリに感じている。

その場合、
ズームフライを本番で使うとしたら、どの靴で練習するのが最適か?

いや。予定通りズームフライで練習して、本番は別の靴にする方がベターか?

後者の場合、世のシリアスなランナーさん達が選ぶ靴は察しがつく。

ズーム フライ フライニット

 

ズーム ペガサス ターボ

あとは、「ベイパーフライ 4%」あたり。

これらは、しっくり来る流れ。
自分も、これらの靴を履くに相応な走力があれば、是非履いてみたい。

けど、自分にはズームフライで十分だし、十分すぎるし、本番で使って果たして脚が腰が持つのかは未だ未知数。

では、逆のパターンで最適な靴はあるのか??

本番のズームフライを想定した練習靴。

ズームフライでフル程度を走りきれる脚を作るのに最適な練習用シューズってないかな。

道具じゃない。結局はランニングフォーム改善や筋力強化だ!ということは十分承知しているつもり

例えば、
ズーム ペガサス 35

プロランナーもジョグで使うとか。
試着した感じでは、比較的フツーな靴に感じる。

素人の自分では、これをどんなに履き込んだとしても、ズームフライに履き替えた時にきっと違和感を感じそう。

では、これ?

ズームエリート

もれも試着したけど、ちょっと毛色が違う気が。

ズームエリートなら、こっちが相性が良い気がするし。

ズーム スピード ライバル

ん~。

 

とりあえず、ズームフライを履きこむ。
話はそれからか?

さらに使ってみた NIKE ZOOM FLY

ようやく NIKE ZOOM FLY

使ってみた NIKE ZOOM FLY

に続く、ズームフライ  2回目。

前回から中1日なのだが、普段20k以上の後は中1日空けてもちょっと足が疲れている。

なので通常のスケジュールだと、20k以上走った後は10k以下にして足休めするんですが、
今回は13~15kくらい走る予定とした。

なぜ距離を伸ばそうと思えたか?

実際、少し疲れ気味の足なのだが、いつもほどの疲労感は無い。

実は、ズームフライ デビュー後に既にこの靴の影響を体感しておりました。

自分的にけっこう良いタイムで走ったにも関わらず、心肺こそ疲れましたが足の疲れは大分マイルドだった。

そもそも鈍足ランナーが、何履いても同じだろ!
という声も聞こえますが、普段のワタシが前回のズームフライデビューと同程度のタイムを目指すと、同程度のタイムで走れたとしても、中1日後の足の具合はかなり重いはずなんです。

しかし今回は、普段よりも回復が早い感じもあり、「距離を伸ばすか」と思えたワケなのです。

やはりいつもの靴の時とは、使われている筋肉が違うのか??
単にクッションが程よく効いていて、ダメージが少ないのか??

 

さて、まずは準備運動。
やはり動きがギコチナイ。カクンカクンする。

で、走り出し。初日と違うのは、既に「なんとなくこんな感じで走る」というのが判っているので、出だしから比較的スムーズにスタート。けど2回目にしても、はやり新鮮は感覚。

道中も、走らされて足よりも心肺にくる。

結果13kほど走らされる感じで終了。
で、タイムも同コースの普段のペースより 15秒ちかく短縮して終了。
いつもより早目かなという自覚はあったけど、ここまで短縮しているイメージななかったので、
初回同様やや驚いている。

自分メモとしては

・いつもより少しだけ前傾意識 (じゃないと足が回らない)
・いつもより少しだけ着地を前に(しないと転がる感を感じない)
・力まない蹴らない(力む&蹴ると転がる感を感じない)

とにかく、靴が一番回転しやすい感じを目指す。

まだ2回ですけど、心配していた以上に“使えそう”な印象。
自分の様な鈍足でも、多少は靴の性能の恩恵を受けることができたのだろうか。

といっても、まだ「ハーフ」程度の距離。
自分程度のペースならどの様な靴でもソコソコ走れる距離なワケで、
この靴で(あのペースで)35kを越えられるのか?
越えたらどうなるんだ???

当初は練習目的での導入だったけど、2回とも上出来な内容だっただけに
本番でも使ってみたい気持ちが少しずつ出てきている。