ZOOM FLY

2019 東京マラソン 後編(大会当日)

数日前から天気予報を見ては悶々とする日々。

2019 東京マラソン 前編(準備~前日)

最初の戦い:雨&更衣場所の確保

一縷の望みを頼りに、土曜の夕方17時発表の天気予報まで、天気予報チェックを続けたが、
最後に発表された天気予報と雨雲ズームレーダーで諦めた。

雨確定。気温10℃以下。

当日朝、既に曇天。

新宿駅までの道中所々トイレは有るので、新宿駅で済ますのもアリかもしれない。
(けど、この寒さだと3時間後の体調まで判りませんから)

非日常感漂う都庁を抜けて、指定のゲート着は、6時40分くらい。

少し早すぎかなとも思ったけど、結果更衣テントで着替えることができた。
この時間に到着していた自分を褒めたい。

そう。スタートどころかこの時点から雨。
しかも屋外。更衣場所の確保。
既に戦いが始まっていた。

一つだけ、地味に失敗。

セキュリティーチェックの時に、食べ物が引っかかってしまった。

まずペットボトル。未開封ならOKかと思い込んでいた(汗
⇒ NGでした。

そしてなぜか未開封の食べ物たち。これもNGで持ち込めず。。。
注意事項をよく読まない。私の様な人が居るから入場に時間がかかってしまうのですね。
反省してます。

次なる戦い:寒さ&トイレ

事前に調べて確認済みだった、更衣後~スタートまでの寒さ&トイレとの戦い。

まず、スタートブロックへの入場制限時間が 「 8:45 」
ここから行動の全てを逆算するワケですが、アナウンスでは更衣場所からスタートブロックまで5分以上要するとのこと。
スタート前にトイレを済ませたかったので、8時ころ荷物を預けトイレに向かう。

一番近くのトイレの行列を確認したが、既に20分以上はかかりそうな気配。
想定内ではあったけど、あらためてスタートブロック近くのトイレに並ぶことに。

しかし、スタートブロックに行くまでに既に大渋滞。指定のスタートブロックまで10分以上要しそうな気配。
なんとかスタートブロック近くのトイレに到着したが、既にトイレは諦めた。
というのも、スタートブロック脇に到着するまでなんだかんだと15分くらい要していた。
とにかく、人の列が進まない。

とりあえずトイレに並んではみたものの、進み具合がとても 「 8:45 」に間に合わない感じで、諦めることに。
幸い切羽詰った状況ではなかったし。
ただ感覚的に、レース途中でのトイレ経由は確定した。

正直、トイレは相当数あると思った。けど、その数ですら足りないと思わせるほどの人の数。しかもこの寒さ。これはなかなか難しい問題。

そして、寒さとの戦いに。

8:30ころだろうか、スタートブロックに入る。
これからスタートまで30分以上雨に打たれながら、ただ立つのみ。
周囲のランパンランシャツにポンチョの人達は恐ろしく震えていた。
スタートブロックに到着するまでに靴は既に浸水で冷えひえ。
足先はほとんど感覚が無い。
(一部のランナーは足にゴミ袋をつけていた。なるほど、、、)

号砲が鳴る直前にカッパの下を脱ぐと、恐ろしく寒い。
この1枚でココまで違うとは。。。下も履いてて良かった。

本当の戦い:大会スタート~ゴール

スタート

とにかく足元注意。
いろんなモノが落ちている。
加えて、水溜り。下ばかり向いていると、前の人にぶつかる。全方向に注意。

それにしても、あまりの寒さで体がまったく動かない&温まらない。
結局、前半5キロくらいまでカッパを着ていた。

ウェア類、シューズ、グローブ、、、正直、ナニがどの程度正解だったのかも良く判らないくらい
体中が冷えていた。

上半身こそ、極僅かに温まりなんとか走れる状態になりつつあったけど、問題は手先と足先。

手にはフリースグローブ+レインカバー。
序盤はこれでギリギリ行けるかな?と思ったけど、早々に手先の感覚が無くなると結局ゴールまで冷えで感覚が戻らないまま。
レインカバーが早々に浸水したことが誤算。

足先はスタート時点で既に感覚なし。
NIKE Zoom Fly SPのアッパーは全体がナイロンの1枚生地で、一見すると撥水効果がありそうな生地なのだが、
実は通気性が程よい生地で、撥水性もあまりなくけっこう染みる(笑
逆に、心配していた「排水」。
もしかしたら一度水が入ると抜けにくいか?と心配していたけど、これは意外と気にならなかった。

生地自体は保水しないので、実は好都合だったのか?
生地の薄さが外気温をもろに感じるので、これが良くなかったのか??
ウールのソックスだったら??
とりあえず、足先も終始感覚が無かった。
正解は判りません(笑
と言うか、ココ数ヶ月は足元の寒さよりも、そもそもこの靴でフル走りきれるのか?ってことが最大の心配にして最重要項目だったハズなのに。

NIKE ZOOM FLY SP

まず、前半足が元気なウチに寄りたかったトイレ。
コレはなんとかスムーズに寄ることができた。
それにしても、トイレの数はコース上でもかなりある。しかも「次のトイレまであと●●●m」なんて標識も。とにかく親切。

寒いながらも、ジャケット着用で走り続けているのでソコソコ発汗している自覚があった。
加えて、体温維持のためいつも以上にエネルギーを使っている自覚もあったので、早め早めの補給も必要。
けど、あまりの寒さで脳が水を欲しがらないし、もうトイレには寄れないという恐怖。
加えて、手先の冷えで補給捕食動作が行えない。ポケットからゼリーが取り出せない。
エイドの羊羹とか、取っても開けられない。チョコレートの包みですら開けられない。

でも、、、
こんなコンディションでもタイムは残したい。

色々な事象と戦いつつ、10k、20k、25kと、とにかく無理やり給水、給食。
とにかくペース維持に集中。
32kまでペース維持。貯金を作る。
それ以降は、、、

けど25k過ぎだろうか、自分の予想を大幅に上回る速さでガス欠になった感じ。
寒さで動かない体で、ココまで無理やり予定通りのペースで進めてきた。
設定したペースは、いつもの練習時より少し余裕を持ったペース、25k位ならもっと余力が有る予定だったが、、、
この日のコンディションでは、それでもオーバーペースだったようで、
設定ペースを維持する予定の32kまではなんとか進んできたけど、そこからは本当に厳しかった。

ラストの石畳に入ったところで、やっと目標タイムをクリアできそうなコトを自覚できた。

スタートからゴールまで、沿道の絶え間ない声援。
本当に絶え間なかった。
本当に支えられました。

ゴール。
厳しい戦いだった。

実は本当の戦い:ゴール後

有る意味、一番ハードな戦いはココから。
いや、本当のゴールは後1kほど先にある「荷物受け取り所」
屋根の有る場所。コレこそが本当のゴール。

相変わらずの雨と極寒の中で、体温を上げるエネルギーも無く、フィニッシャータオルと保温アルミでしのぎながら、
ゴールから荷物受け取り場所まで1k?ほどを歩いたか。

この道はもちろん声援なんかありません(笑
寒さと雨は相変わらずです。
残り距離表示もありません。
しかも、自分のことにしか注意を払わない●●人観光客の傘による直接攻撃とか、沢山ありました。

足が痛いのでヨロヨロと。感覚的には3キロくらい歩いている感じ(笑

荷物受け取り場所にたどり着いたときの安堵感といったら。
本当に、本当のゴールに到達した感覚。

荷物受け取り所のボランティアの皆様の「おめでとうございます」「お疲れ様でした」が、染みてきました。

抽選も含め、出るだけでも大変な東京マラソン。しかも初当選。さらに今回の様なコンディションで色々なハードルを越えて目標タイムをクリアできた。
自分はこの様なイベントで頂く「参加賞」には特に思い入れは無いのですが、今回の参加賞メダルはちょっと思い入れの強い物になりそうかな。

最後に、コイツ。
自分の貧脚をよくゴールまで支えてくれました。

冷え以外、足元にはなんのトラブルも無く、走ること・ペースのことに集中できたのも、
コイツだったから良かったのかな。
特に30k以降、とにかく靴に任せて転がる感じで足を動かし、
ペース落ちもホドホドでなんとかゴールにたどりつけた。
この靴を選んで本当に良かった。

雨のアスファルトだったので、磨耗も無く比較的キレイです。

★追記

後日、シューズを洗ったんですが、東京マラソン前に合計 35kほど使いまして、
今回のマラソンで77kほど使ったことになるのですが、大半が雨のアスファルトだったためか
ソールのコンディションがかなり良い(笑

そしてなぜか、ズームフライあるあるの“例のシワ”が、かなり少ない?
ノーマルのズームフライは50k過ぎたところで既に大分シワが入っていた記憶があるのですが。
何故だろう(笑

NIKE ZOOM FLY SP

 

本番をNIKE ZOOM FLYで走ることを想定しつつ、
MIZUNO Wave Creation 17を中心に色々なシューズを交えながら走ってきたのだが、
はやり、NIKE ZOOM FLYじゃないと刺激されない箇所があるなと、改めて感じるコトもあり。

普通のNIKE ZOOM FLYとフライニットの中間モデル?の様なモノがあるコトを知り、
それならばと、結局練習用のNIKE ZOOM FLYと、本番用のNIKE ZOOM FLYを
別々に用意することに落ち着いた。

まず、普通のNIKE ZOOM FLY。
耐久性があると言われているようですが、それはあくまで4%とかフライニットと比較しての話なのかなと。
NIKE ZOOM FLYで100kちょっと走った今現在、ソールは大分柔らかくなっており、
当初とは何か別の靴の様な感じ(はきっと、履きなれたコトによる鮮度が薄れたことやら、履くにあたり必要な箇所が鍛えられてきたとか、ソール外観のシワの多さ&深さによる印象だったりとか、諸々あるかと。)。

特に左右方向への柔らかさを感じる様な、、、
前後方向は、プレートの効果で依然として堅め。転がり感も依然として有る。

で、NIKE ZOOM FLY SP
サイズをハーフサイズUPして購入。
アッパーの伸縮性の違いなのか、ハーフサイズUPが丁度良さそうなフィット感だった。

ちょっと自分メモ用に、今の最近の足の感じを。

で、この足が履くと、、、

こんな感じ。

ちなみに普通のNIKE ZOOM FLY の26.5cm

画像だと伝わらないヤツなんですけど、アッパーの違いからか、フィット感が大分異なる。
普通のNIKE ZOOM FLYは26.5cmで、アッパーに少し余裕が出る。
けど、NIKE ZOOM FLY SPは27cmで、なかなかのフィット感。
生地的に履き込んでもさほど「伸びる気配」を感じないけど、どうだろうか。

店頭で触ると、足当たりもハードそうで、あまり履き心地が良く無さそうなアッパーなのだが、これが伸びるナイロン生地でなんとも言えない履き心地。
好みは判れると思われるけど、走った感じは意外にフツー。
この手の生地によくある「生地折れ」による擦れも自分の場合はまったく無かった。

通気性については、正直判らない。
今時期はむしろ足先が寒いくらいだし。
ただ、期待はできないかなと思われる。

紐は、極々僅かに進化したかな。

普通のNIKE ZOOM FLYの紐がとにかくダメで、理由は伸縮性の無さと材質。
ツルツル滑るナイロンで伸縮性が無いので、とにかく緩む解ける。

NIKE ZOOM FLY Spの紐は、特殊なアッパー生地やらレースホールとの相性かとは思うけど、紐が少し薄くなって極僅かに伸縮性が増した、比較的普通の靴紐。
この極僅かな伸縮性と結んでしっかりと潰れる平紐ってだけで、緩み難くなる。

アッパー生地同様に大きく異なるのが、ヒールカップ。

ズームストリークほどではないけど、かなり柔らかい。
そして、これが一番走りに影響するのではないかと考えている。

まだトータルで30kほどしか走っていないので、“今のところ平気”なのですが、正直不安な点ではある。ワタシの貧脚ではレース後半の疲労の溜まった足では、この柔らかいヒールカップと厚底で左右へのグラつきがどう影響するのか、、、心配。

インソールは、差がある様なほとんど無いような。

 

品名こそ「SP」しか違わないけど、ほぼ「別の靴」。

そんな印象。

で、走った感じは、、、やはり好きだわコレ。

まぁ走ってしまえば、NIKE ZOOM FLY。そんな感じ。

ZoomFlyを本番用にするか練習用にするか

さらに使ってみた NIKE ZOOM FLY

まだ数回しか使っていないズームフライですが、なかなか気に入ってしまった。

当初は自分には持て余しそうな靴だったので、完全に練習用に考えていたが
自分程度の走力なら、もう少し鍛錬を積めばもしかしたら本番で使える靴かもしれない、と思い始めた。

シリアスなランナーの方々には、重さを気にされる人もいるようですが、自分的には同程度かもっと重い靴ばかり履いているので、むしろ軽いくらいに感じている。
ので、この感覚が薄れない間は、ズームフライで本番を走るのもアリに感じている。

その場合、
ズームフライを本番で使うとしたら、どの靴で練習するのが最適か?

いや。予定通りズームフライで練習して、本番は別の靴にする方がベターか?

後者の場合、世のシリアスなランナーさん達が選ぶ靴は察しがつく。

ズーム フライ フライニット

 

ズーム ペガサス ターボ

あとは、「ベイパーフライ 4%」あたり。

これらは、しっくり来る流れ。
自分も、これらの靴を履くに相応な走力があれば、是非履いてみたい。

けど、自分にはズームフライで十分だし、十分すぎるし、本番で使って果たして脚が腰が持つのかは未だ未知数。

では、逆のパターンで最適な靴はあるのか??

本番のズームフライを想定した練習靴。

ズームフライでフル程度を走りきれる脚を作るのに最適な練習用シューズってないかな。

道具じゃない。結局はランニングフォーム改善や筋力強化だ!ということは十分承知しているつもり

例えば、
ズーム ペガサス 35

プロランナーもジョグで使うとか。
試着した感じでは、比較的フツーな靴に感じる。

素人の自分では、これをどんなに履き込んだとしても、ズームフライに履き替えた時にきっと違和感を感じそう。

では、これ?

ズームエリート

もれも試着したけど、ちょっと毛色が違う気が。

ズームエリートなら、こっちが相性が良い気がするし。

ズーム スピード ライバル

ん~。

 

とりあえず、ズームフライを履きこむ。
話はそれからか?

さらに使ってみた NIKE ZOOM FLY

ようやく NIKE ZOOM FLY

使ってみた NIKE ZOOM FLY

に続く、ズームフライ  2回目。

前回から中1日なのだが、普段20k以上の後は中1日空けてもちょっと足が疲れている。

なので通常のスケジュールだと、20k以上走った後は10k以下にして足休めするんですが、
今回は13~15kくらい走る予定とした。

なぜ距離を伸ばそうと思えたか?

実際、少し疲れ気味の足なのだが、いつもほどの疲労感は無い。

実は、ズームフライ デビュー後に既にこの靴の影響を体感しておりました。

自分的にけっこう良いタイムで走ったにも関わらず、心肺こそ疲れましたが足の疲れは大分マイルドだった。

そもそも鈍足ランナーが、何履いても同じだろ!
という声も聞こえますが、普段のワタシが前回のズームフライデビューと同程度のタイムを目指すと、同程度のタイムで走れたとしても、中1日後の足の具合はかなり重いはずなんです。

しかし今回は、普段よりも回復が早い感じもあり、「距離を伸ばすか」と思えたワケなのです。

やはりいつもの靴の時とは、使われている筋肉が違うのか??
単にクッションが程よく効いていて、ダメージが少ないのか??

 

さて、まずは準備運動。
やはり動きがギコチナイ。カクンカクンする。

で、走り出し。初日と違うのは、既に「なんとなくこんな感じで走る」というのが判っているので、出だしから比較的スムーズにスタート。けど2回目にしても、はやり新鮮は感覚。

道中も、走らされて足よりも心肺にくる。

結果13kほど走らされる感じで終了。
で、タイムも同コースの普段のペースより 15秒ちかく短縮して終了。
いつもより早目かなという自覚はあったけど、ここまで短縮しているイメージななかったので、
初回同様やや驚いている。

自分メモとしては

・いつもより少しだけ前傾意識 (じゃないと足が回らない)
・いつもより少しだけ着地を前に(しないと転がる感を感じない)
・力まない蹴らない(力む&蹴ると転がる感を感じない)

とにかく、靴が一番回転しやすい感じを目指す。

まだ2回ですけど、心配していた以上に“使えそう”な印象。
自分の様な鈍足でも、多少は靴の性能の恩恵を受けることができたのだろうか。

といっても、まだ「ハーフ」程度の距離。
自分程度のペースならどの様な靴でもソコソコ走れる距離なワケで、
この靴で(あのペースで)35kを越えられるのか?
越えたらどうなるんだ???

当初は練習目的での導入だったけど、2回とも上出来な内容だっただけに
本番でも使ってみたい気持ちが少しずつ出てきている。

使ってみた NIKE ZOOM FLY

早速、ZOOM FLYを使ってみた。

まずは、23kほど。

いきなりの雨でしたが。

ようやく NIKE ZOOM FLY

最初は不安しかなかったわけで、特に今までの靴とは明らかに違う転がり感だったり、硬さというか跳ね具合というか。
はたして足は平気なのだろうか???

それと気持ちの面。
各所で言われている「走り方が出来ていないと意味ない」とか「キロ5じゃ遅すぎる」などなど、
「履き手を選ぶんだヨ!」的な部分。

果たして自分の様な鈍足が履く意味があるのか?

しかも雨だし。

まずストレッチの段階でかなり気持ち悪かった。
カクンかくん、前傾してしまうもので走る前から脹脛に緊張感。

走り出しの感覚は、はやり試着では判らない、走ることでしか判らない“走らされてる感”を体感。
前傾具合だったり、着地位置だったり、ちょっとした違いで走り易かったり走り難かったり。

それも最初の2~3kほど探り探り走った後には、違和感も少なくなり。
以降前半10kは“どのヘンが一番気持ちよく走れるのか”を探りながら、
後半10k は、“ おそらくこんな感じかな? ”というところを維持しながら。
結果、初日はズームフライに思いっきり“走らされ”ました。

日頃のランニング(というかジョギング)と一番変わったのは歩幅。
日頃のジョギングの(遅めの)ペース(キロ 5 中盤)だと歩幅が狭く感じ、
その歩幅だとズームフライではとても走り難い。
靴の傾斜をモロに感じてしまうので、結果筋肉の各所にヘンな力みがあった。

コレくらいだと気持ち良く走れるかな?というペースというか歩幅まで広げる(イメージだ)と、、、、
足はとてもスムーズに動くのだが、自分にとってはややオーバーペース。

結果、デビュー戦は同コースの平均ペースから 15秒近く短縮して終了。

たかが キロ 15秒なのですが、当日の体調だったり雨だったりを考えると
本来 平均ペースに対して大幅なプラスで走り終えていても不思議はないコンディションだった。
にも関わらずこの結果には自分でかなり驚いている。
もっとも、前半探り探りのスローペースが功奏っぽいし、
そもそもこの靴は初日でして、
おニューな靴って、初日はテンション高いし、テンションで乗り切った感は否めない。

さて次はどうなるか。