NIKE ZOOM FLY から逆算しての練習靴(仮)

直近の本番は3月に走る2つのフル。

当初練習用に導入したNIKE ZOOM FLY。

けど、本番をNIKE ZOOM FLYで走ることは、ほぼ決めた。

本来メーカー的には、
練習は 「NIKE ZOOM FLY」
本番は 「NIKE ZOOM FLY flyknit」が
自然な流れかとは思いますが、
自分程度の走力では「NIKE ZOOM FLY フライニット」は
完全に持て余す(に違いない)。

なので、本番もフツーの「NIKE ZOOM FLY」で十分。
ただ、あまりにも極端なシューズなので、少し履き込みも必要。
しかし、ソールのシワやら減り方を見てると
練習で履き込んで、本番もコレでってのは、、、、靴のヘタリが心配。

正直、本番用の靴には「コレ履くとオレ速く走れるンだぞ!!」的なプラシーボ効果?の様なものも期待したい。
履きなれているけど、普段の練習で履かない(笑)
そんな感じの靴として位置づけたいところ(笑)
悩ましい。

ZoomFlyを本番用にするか練習用にするか
まだ数回しか使っていないズームフライですが、なかなか気に入ってしまった。 当初は自分には持て余しそうな靴だったので、完全に練習用に考えていたが 自分程度の走力なら、もう少し鍛錬を積めばもしかしたら本番で使える靴かもしれない、...

で、「NIKE ZOOM FLY」から逆算しての「練習靴」

理想は
「NIKE ZOOM FLY」にドロップ感が似ていて、少し重い。
で、重要なのは「硬さ」
NIKE ZOOM FLY の独特のソールの「硬さ」に体(脚)が慣れることが最重要課題かもしれない。

ここで言う「硬さ」はクッション性のコトではなくて、シャンク?的なところ。
むしろNIKE ZOOM FLY クッションはかなりある(柔らかい)と思う。
一方で、例の“プレート”で足裏全体はほぼ屈曲しない=硬い。
屈曲しない替わりに、ローリング形状に任せて足を出す。
自分的には「蹴り出す」ことが格段に少なくなる感じ=コレが自分的に好きなポイント。

普段履いているシューズ達では、ある程度足裏が屈曲するので、自然と(必要以上に?)「蹴り出して」進んでいる感じがある。自分の場合、特に「右足」。この右足の蹴り出しで、それと連動して脚の特定の箇所(筋肉)に刺激(疲労)が入っている感じがある。
で、自分あるあるでは、右足の疲労からか、たいてい右足から故障する。。。
シューズも、右足親指から母子球あたりが一番削れる。

NIKE ZOOM FLYの場合、足裏を屈曲させずに脚を動かすので、それだけでも自分的にはかなりラクに走れる。その一方で、この靴を履いた時にだけ疲労する場所があるのも事実。
自分の場合は、脹脛上部というかほぼ膝ウラに近い箇所。ここに独特の張りが出る(時と出ないときがある)。
おそらく、足の回転とか歩幅とか、諸々普段以上に動かしている感があり、NIKE ZOOM FLYで走るにあたっての必要な物が色々足りないのかなという感じ。
加えて、蹴り難いシューズなのに無理やり蹴り出そうとしているのもある。
大きい筋肉を使って、シューズのソール形状に任せた大きな歩幅で脚を出す&走る。
これが、目下の目標。

とまぁ、素人の雑な推測ですが、とにかくNIKE ZOOM FLYの様な硬さを持つ靴を普段の練習に使えば、「NIKE ZOOM FLY」でもっと快適に走れるのではないか???

と、ここ最近はこんな中2の様な妄想に悩んでおりました。

そんな中、

MIZUNO Wave Creation 17
はい。18ではなく今頃「17」ミズノ ウェーブクリエーションあまり大差無さそうだったので、セールで安かった「17」を。それでも、アディダスあたりのシューズと比べるとナカナカのお値段。まぁ、元々の定価が、、、クッションがソコソコ...

MIZUNO Wave Creation
この靴に、少しだけヒールが厚めのインソールを入れると、、、

大きなドロップからの傾斜感。
転がる感じ。
なによりもシューズの「硬さ」。

言いすぎかもしれませんが、NIKE ZOOM FLYから
「軽さ」と「クッション性」を取り除いた、ってのは言いすぎだとは思いますが、
NIKE ZOOM FLY を使うことを想定した練習靴には最適かもしれない。
走らされてる感が、何か近い感じ。

「激重」ってのも、練習には良いかも。

ZOOM STREAK LT でスピード練習やら足を鍛える的なコトをして、
Asics GELFEATHER Glide をジョグかな。
MIZUNO Wave Creation で フォーム的なことやら筋力的なコトを見直す。

しばらくこれで行ってみるかな??

コメント

タイトルとURLをコピーしました