スノーシュー or スプリット

とある雑誌の記事に触発されて、誰もが一度は考えるであろうことを、
自分のアイテムをベースに計算してみた自分メモ。
ちなみに、計量は一部安い吊り計りでの計測なので、たぶんかなり誤差があるかと。
あと、アイテムの年式によって重量に差が出ると思いますが、あくまで自分メモですので。。。
要するに、重量については概算です。
(と言いつつも、妙に刻んでいるところもありますけどね)
※ 左右のあるアイテムは合計重量です。
■スノーシュー(ストラップ)/総重量:約8.1kg
MSR ライトニング アッセント 22inch レディース/1.8kg
Burton Diode Re:flex(Mサイズ)/1.5kg
Burton Ion(27.5cm)/1.8kg
Burton Conartist/3kg
■スノーシュー(アキュ)/総重量:約9.2kg
MSR ライトニング アッセント 22inch メンズ(アキュ改造版) /1.9kg
Yonex AERIO AB (27.5cm)/2.8kg
Yonex accublade /1.5kg
Burton Conartist/3kg
■スプリット/総重量:約8.5kg
karakoram Split3.0/1.8kg
karakoram Split crampon/0.4kg
Burton Ion (27.5cm)/1.8kg
Black Diamond Ascension Climbing Skins/0.9kg
Jones Hovercraft 156 +karakoram Split interface/3.6kg
というわけで、以下重量比較&印象など
※バックパック、レスキューツールなど共通装備については度外視。

  スノーシュー
(ストラップ)
スノーシュー
(アキュ)
スプリット
総重量 約8.1kg 約9.2kg 約8.5kg
ハイク時 足元重量 約3.6kg 約4.6kg 約8.5k
背中重量 約4.5kg 約4.5kg 0kg
滑走時 足元重量 約6.3kg 約7.3kg 約7.2kg
背中重量 約1.8kg 約1.8kg 約1.3kg

まぁ、それぞれメリット・デメリット混在で、、、
(なかなか悲しいのは、スノーシューのアキュ改造版の重さ。
作業対効果というか重量というか、、、重い。
いろいろ頑張ったのに。。)
スプリットについては、歩き方で重さの感じ方が大きく変わる。
滑走中の足元の重さはさほど気にならない。
むしろ背中の重さとバランス。
スノーシューがバックパックの一番外に付くと、それはそれでバランスが悪いのだが、、、
登りの時点でさらに重くバランスの悪い板を背負っている関係で、スノーシューに付け替えてもさほど影響が無いという不思議。
逆に、スプリットで滑り出す時に、シールとクランポンをバックパックに入れると
“地味に重い”と感じ、バランスに慣れるまでに少しタイムラグがあったりする。。。
結局は、
「ドコを登るのか?」「ドコの負荷を受け入れるか?」
ってことになるわけですけどね。
背中に板を背負う「スノーシュー」の大敵は“風”と、単純に“重さによる疲労”。
雑魚キャラの“頭上の枝”をかわすのも地味に面倒。
反面、とりあえず登れるって感じがメンタル的に◎。
「スプリット」の大敵は“急登”(→ ワタシの場合)
モードチェンジ時の“風”と“雪”もやっかい。
下りも嫌い。
ルートファインディングも面倒。
ジグか直登か?
クランポンはいつ付けるのか?
そもそもその斜面にスプリットでたどりつけるのか??
などなど。。。
背中が軽いから“体力温存◎”って思うかもしれませんが、
経験とカンが養われるまでは、かなりメンタル鍛えられる(笑
特に急登での切り返し、急な下り(でカーブとか涙)とか、、、何回やっても冷や汗もの。
そんな状況でシールトラブルでも発動しようものなら。。。。ガクブル
せめて、ヒールロック機構が“ハードに”“かんたんに”使える機能に進化してくれれば、、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました