Gregoryのバックパックが修理から戻ってきた -スゴイぞ、サムソナイト!-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC04891.jpg
山遊びで大活躍のMy Gregory に一部綻びを発見したのが、先月の下旬ころ。
コイツを持ち出す予定はしばらく無かったので、修理に出してみようかと。
それにしても、山行中に切れなくて良かった。
流石、グレゴリーなのかな??
で、修理箇所は右側ショルダーベルトの付け根。
DSC04790.jpg
完全にメモ程度の画像なので、見難いですけど、
右肩ベルト結合部の縫い糸が左側から抜けてきている。
今思えば、背負うときは、まず“右側の肩ベルト”を掴み、
降ろすときも、“右側の肩ベルト”を掴んで降ろしていた。
全部無意識だけど、それだけ負荷が掛かっていたということか。
修理に関する連絡先は、「サムソナイト・カスタマーセンター
詳しいことはココに書いてあるのですが、
「ほつれ修理 ¥2,500~ 2~3週間」 とある。(2017/12 現在)
ワタシの修理内容もこれに該当するのではないか?
ちなみに、、、
保証書とか手元にありません。
諸々、事前に確認したく、まずは電話してみる。
とても丁寧な対応&説明で
保証書とか無くても良いみたい。
「修理費用はお電話ではお答えできません」
「まずは修理品をお送りください」
「その上でお見積もりを出します」
「見積もりを了承いただき修理続行であれば、そのまま修理開始」
「修理完了後に代金着払いで返送します」
とのこと。
つまり、往復の送料と修理代金+代引き手数料+税金、
の総額を代引きで支払うシステム
ちなみに見積もり結果で修理しない場合は、送料の負担が発生する。
今回の場合2160円(税抜き)


記憶があいまい。。。違ったかも?
というわけで、上記の問い合わせ電話の中で、まず見積もり依頼をした。

FAXで送られてきた書類に必要事項を書いて、修理予定のバックに書類を入れる。
で、先の電話で手配済みの配送業社さんにバックを渡すだけ。
とても簡単。
数日後、FAXで見積もりが届く。
「肩紐 接合部解れ」(解れ幅は 3cm 程度)
で、コレを再縫製。
修理代金 : 3500円(税抜)
「往復の送料(2160円)」「代引き手数料(300円)」が含まれてこの金額。
約1500円程度の修理ということか。
これが高いか安いかは判らないけど、
自分的には格安だと感じた。
で、そのまま修理をお願いすることに。
見積もり回答から約2週間後の本日。
無事戻ってきたというわけ。
DSC04893.jpg
キレイなもんです。
ありがとうございました。
で、ココまでの対応でも十分なんですが、、、
なんと、依頼していない左側の肩ベルト結合部まで再縫合してくれている!
(アタシの見間違いでなければ、、、いや、縫い糸が新しいからたぶんやってくれたっぽい)
元々、今回の件を特に書き残すつもりは無かったけど、
初回の見積もり依頼の電話以降は、誰とも会話すること無く修理品が戻ってきたので
感謝の意を伝えるべく、ココに残しておこうと。
ありがとう!
サムソナイト!

(グレゴリーも、ありがとう!お前にして良かったぜ!)
こういう対応が次の購入に繋がるんだと思う。
(手元のスーツケースはリモワだけど、次購入する機会があれば必ずサムソナイトを候補に入れることから始めてみようと思います)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   

コメントを残す

*

CAPTCHA